【図で解説】誤嚥はなぜ起こる?摂食・嚥下機能のメカニズム

摂食・嚥下機能のメカニズム

食べ物を口の中に入れて、食道から胃へと送り込むことを「嚥下・摂食機能」と言います。

嚥下(えんげ)とは、食べ物や飲み物を飲み込むこと。
摂食(せっしょく)とは、食事を摂ること。

どちらも普段の食事ではあまり意識しませんが、加齢や病気などが原因で「食べ物や飲み物が上手く飲み込めない」「充分に食べられない」という事態が起こることもあります。

なぜ今まで普通にできていた食べたり飲んだりが難しくなるのでしょうか?
摂食・嚥下機能のメカニズムを図を用いながら説明します。

嚥下機能のメカニズム

  • 先行期(認知期)
  • 準備期(咀嚼期)
  • 口腔期
  • 咽喉期
  • 食道期

先行期(認知期)

先行期(認知期)

食べ物を見て形や量、質感を認識することで、食べ方を判断したり、唾液や胃液の分泌を促したりします。

意識障害や認知症があると、認知が上手く機能しないので、食べることを「苦痛」と感じたり、無理に食べることで誤嚥が起きたりします。

準備期(咀嚼期)

準備期(咀嚼期)

食べ物を歯や舌、ほほを使って咀嚼(飲み込みやすい柔らかさにすること)して、唾液を充分に混ざり合わせることで、喉や食道を通れる形「食塊(しょくかい)」にします。

咀嚼(そしゃく)は、脳の障害、舌やアゴを動かす神経の麻痺、歯やアゴの骨に異常があると上手くできません。

口腔期

口腔期

食塊は舌を使って、のど奥(咽喉)へと運ばれます。

唇やアゴが閉じて、舌の先が上アゴに付き、舌が後ろに向けて持ち上がり、食塊が咽喉へと押し込まれます。

鼻と咽喉の間は軟口蓋(なんこうがい。口の奥にある柔らかい部分)が持ち上がることで塞がれるので、食べ物や飲み物が鼻からの逆流を防ぎます。

咽頭期

咽頭期

食塊が咽喉まで来ると「嚥下反射」が起こり、のど仏が前上方向に動き、喉頭蓋(こうとうがい)が下向きになることで、気管の入り口をふさぎます。

食道期

食道期

咽頭から食塊が送られてくると、食道の入り口が開き、食べ物が胃へと送り込まれます。

なぜ誤嚥は起きる?

誤嚥(ごえん)とは、食べ物や唾液が食道ではなく気管に入ってしまうこと。

食べ物を飲み込む時だけではなく、食べている途中や食べ終わった後にも起こります。

【嚥下前誤嚥】
食べ物を咀嚼している最中でも、口の中に食べ物を留めておけず、嚥下反射が起こる前にのどの奥へ食べ物が流れ込む。

【嚥下中誤嚥】
咀嚼が終わって、嚥下している時に、何らかの理由で喉頭蓋が気道をふさぐタイミングがずれることで、気管へ食べ物が入ってしまう。

【嚥下後誤嚥】
ノリやワカメ、かつお節など薄くて付着しやすい食べ物が、食事後しばらく経ってからのどの粘膜からはがれて気管へ入る。

嚥下前と嚥下中誤嚥であれば、食事中に気付くことができますが、嚥下後誤嚥は食事後に起こります。

その為、食事中だけではなく、食べ終わった後に誤嚥の症状が出ていないか、せきで食べ物が吐き出されているか確認する必要があります。

嚥下機能の低下で起こる「嚥下障害」とは?

誤嚥は嚥下機能が低下すると起こりやすくなる症状で、上手に食べ物や飲み物を飲み込めない状態のことを「嚥下障害(えんげしょうがい)」と言います。

嚥下機能の低下には、以下のような理由が考えられます。

  • 歯が弱り、かむ力が弱くなった。
  • 嚥下に必要な筋力が低下した。
  • 唾液の分泌量が減ったり、質が変わったりした。
  • 注意力や集中力が低下した。

嚥下障害になると誤嚥の危険性が増すだけではなく、栄養不足や脱水症になったり、食べる楽しみが無くなったりする場合もあります。

そのような人でも安全に食べられる食事が「嚥下食」です。

嚥下食の特徴としては「食材の大きさや形が均一」「程度に粘度とまとまり感がある」「飲み込みやすく、のどのすべりが良い」「口やのどに張り付きにくい」ことが挙げられます。

「最近、食事中にむせるようになった」「のどにつかえ感がある」などの症状が出始めた人は、誤嚥している可能性が高いです。

飲み込みにくい料理があれば、嚥下食に近い形にしてみるなど、色々と工夫してみることをおすすめします。

関連記事をもっと読む