飲み込みやすい食事に欠かせない!介護用とろみ剤の使い方

とろみ剤の使い方

とろみ剤(とろみ調整食品)とは、飲み物や食べ物に溶かし混ぜることで、適度なとろみが付けられる粉末タイプの食品です。

とろみを付けることで、口の中で食べ物がまとまりやすくなったり、飲み物がのど奥に流れるスピードが遅くなったりする為、飲み込む(嚥下)機能が低下した人でも安全に食事を取ることができます。

温度や料理の種類に関係なくとろみが付けられるので、とろみをつけるのに温度が必要な片栗粉やコーンスターチなどよりも使い勝手が良いです。

とろみ剤の使い方

液体にとろみ剤を加えてかき混ぜることで、とろみを付けます。

100gあたりの使用量の目安は約0.5~3g。
コップ1杯に対して、小さじ1/6~1くらいの量です。

とろみの強さや食品によって、加える量を調整します。

とろみ剤の使い方

商品によって使用量や使用方法が異なるので、詳細は各商品パッケージを確認して下さい。

お茶・水

お茶・水

お茶や水をかき混ぜながら、とろみ剤を加えていきます。

コップを2つ用意して、片方にとろみ剤、もう片方に飲み物を入れて、とろみ剤が入ったコップに飲み物を注ぎ、もう一度元のコップに注いで......を繰り返す方法もあります。

お茶や水だと溶けやすく約2分でとろみ感が安定しますが、イオン飲料などその他の飲料は約5分かかるので注意。

牛乳

牛乳

牛乳はお茶や水と比較してたんぱく質が多い為、とろみ剤の性質上、とろみが付くまでに時間がかかります。

たんぱく質が多い食品にとろみを付ける場合は、牛乳・濃厚流動食用を使うことをおすすめします。

とろみ剤を入れて約30秒~1分かき混ぜた後、5分以上そのまま置いておき、飲む前に約30秒かき混ぜれば完成です。

一度に全部入れてかき混ぜたり、ダマがあったらスプーンの背で潰したりすることで、均一でなめらかな状態になります。

牛乳以外にも酸味が強い果汁入りジュースなどにも溶けにくいので、ミキサーやハンドブレンダーを使うと良いです。

みそ汁・汁物・スープ

みそ汁

具入りの汁物を作る場合、具を入れる前にとろみを付けます。
約30秒~1分混ぜた後、5分以上置くととろみがしっかりと付きます。

冷めた感じが気になるのであれば温め直します。
粘度が下がるのは60度以上になった時なので、温度によるとろみの変化は特に気にする必要がありません。

きざみ食

きざみ食

水分の少ない野菜や魚、肉に、とろみ剤を混ぜても溶けにくく、とろみは付きにくいです。

別にだし汁やスープなどにとろみ剤を加えて、とろみを出した後、きざみ食と混ぜ合わせるのが良いです。

ミキサー食・流動食

料理をミキサーやフードプロセッサーにかける際、だし汁やスープなどの水分にとろみ剤を混ぜたものを一緒に入れてペースト状にします。

入れ過ぎに注意!

とろみ剤は商品や使用する料理によって、とろみの付き方が異なります。

「とろみが全然付かない」と何杯も入れていると、粘度が増し過ぎて、のどに張り付く危険性が高まります。

とろみが強い時は、同じ飲み物や料理を加えてかき混ぜることで、とろみの程度を弱めることができます。

「スプーン1杯入れて混ぜる→しばらく置く→とろみが足りなければ追加する」を繰り返すことが、ちょうど良いとろみ付けに役立ちます。

関連記事をもっと読む