栄養士や調理師との違いは?介護食士の仕事内容を本音で紹介

介護食士の仕事内容

介護食士の資格を取得しようと思った時に、ちょっと考えるのは「介護食士になると、どのような仕事に就けるの?」ということではないでしょうか。

資格に関する説明を見ると「高齢化社会によって、今後、需要が増す資格」などと書かれていますが、具体的にはどのような仕事が待っているのでしょうか。

内容的に良く勘違いしやすい「栄養士や調理師との違い」も合わせて、介護食士の仕事内容について、詳しく紹介してみたいと思います。

「介護や食の仕事に興味があるけど、介護食士の資格ってどうなの?」と、悩んでいる役に立てれば嬉しいです。

栄養士・調理師の仕事内容

食介護士の説明に入る前に、食の仕事の代表格「栄養士」「調理師」の仕事について説明します。

栄養士

栄養士の仕事内容

栄養士は食と栄養のプロフェッショナルとして「食事管理」「栄養指導」を行なう仕事です。

栄養士養成学校(専門学校や短期大学、4年制大学)で指定された科目を全て履修して、卒業することで栄養士の資格が取得できます。※通信講座は不可。

資格を活かした勤務先としては、病院や学校、社員食堂、福祉施設、保健所、フィットネスクラブなど様々あり、勤務先で仕事内容は大きく変わります。

【食事の管理】
毎日の食事の献立作成や調理指導が中心です。

  • 食事に使用する食材の選択、業者から届いた商品の検品。
  • 栄養バランスを考え、食べ飽きない献立を作成。
  • 調理中に調理師に指示を出して、適切な食事が提供できるようにする。
  • 状況に合わせて、特別食や流動食などを用意する。

人手が足りない勤務先(学校や配食センター、社員食堂など)によっては、調理師と一緒に料理を作る場合もあります。

【栄養指導】
「相手にとって、どのような食事が適切なのか?」を指導します。

例えば肥満気味な人にはカロリーの制限、高血圧症の人には塩分調整、栄養失調気味の人には栄養バランスが良い食事の提案などのアドバイスを行ないます。

調理師

調理師の仕事内容

調理師の仕事は基本的に「食材を調理して提供する」こと。

勤務先は学校、病院、福祉施設、宿泊施設、飲食店、食品系の企業などが挙げられます。

仕事内容は調理場の掃除、食材の運搬、下処理、調理、盛り付け、配膳など。
他にも食材の仕入れや新メニューの提案、調理場や店舗の衛生管理を行なう場合もあります。

調理師免許が無くても料理をする仕事に就くことは可能です。

例えばファーストフードやファミレス、コンビニで料理を提供するキッチン仕事がありますが、ほとんどの人は調理師免許を持っていません。

ただし「調理師」と名乗るには、国家試験に合格することが必要。
各都道府県で年1回実施される試験を受ける以外にも、調理師養成学校を卒業すれば無試験で調理師免許が与えられます。

「調理師=国家資格」で、調理に関する国家資格としては、製菓衛生師や船舶料理士もあります。

介護食士の仕事内容とは?

介護食士の仕事内容

前置きが長くなってしまいましたが、では「介護食士の仕事内容」とは、どのようなものなのでしょうか?

試しに求人サイトで「介護食士」と検索してみると「食介護士募集」「応募に必要な資格:食介護士」と書かれている求人は1件も見付かりません。

実は「介護食士の仕事は何も無い」です。

介護食士の資格は「高齢者や怪我や病気など、介護食が必要な人に適切な食事を提供する為の知識や技能があること」を証明するものです。

例えば「栄養士として、その人にあった介護食の献立を作成する」や「調理師として、適切な介護食を作る」ことはありますが「『介護食士として何か専門的な仕事内容』は無い」という訳です。

介護食士は求人や就職で有利になる?資格取得で得られるメリットとはでも書きましたが、介護食士や介護食アドバイザーはあくまでも民間資格。

病院や福祉施設で働いている人でも介護食士について知らない人も多く「介護食士の資格を持っている」が、就活時に有利になる機会はあまり無いと思います。

「給料が上がる」など、待遇が良くなるのは、やはり調理師や栄養士など、国家資格や公的資格を持っている場合です。

調理師や栄養士を目指す人の取得が多い

学生取得が多い

ではどのような人が食介護士の資格を取っているのでしょうか?

試しにTwitterで「食介護士」と検索してみると、呟いているのは調理師や栄養士の資格取得を目指す学生さんが多いことが良く分かると思います。

製菓調理専門学校や栄養士養成施設の中には、調理師や栄養士以外に、介護食士3級を取得できる所もあります。

ただしあくまでも調理師や栄養士の資格取得がメインです。

介護食士の資格は、

○高齢化社会のニーズに応える為、高齢者の食事や適切な食事形態について学ぶ。
○必修科目ではなく、希望する人が養成講座を受講する。

という位置付けになっています。

ちなみに介護福祉士を育成する福祉専門学校で、資格取得ができる所は、ほとんどありません。

食介護士は「介護福祉士+α」ではなく「栄養士or調理師+α」の資格と言えます。

資格取得に向いているのは「高齢者や障がい者施設、介護食を作る企業で働くことも視野に入れて考えている。介護食は今まで扱ったことが無いので、勉強して今後の役に立てたい」と考えている人です。

介護食や食介護に関する書籍は色々と発売されていますが、介護食に関する幅広い知識(食品衛生学や栄養学、食品学、調理、高齢者心理など)をまとめて勉強する機会は意外と無いものです。

「広い視野で介護食を考えてみたい」という人は、取得しても損にはならないと思いますが「就職で有利、待遇が良くなる」などは過度に期待しない方が良さそうです。

関連記事をもっと読む