見た目そのままやわらか食!摂食回復支援食「あいーと」が人気な3つの理由

あいーと

あいーとは、通常の食事と同じ形・色・味を保ったまま、舌で崩せるほどにやわらかく仕上げた介護食品です。

かむ力が低下して、以前までと同じようにかたいものが食べられなかったり、ミキサー食やきざみ食では満足できなかったりする人におすすめ。

元々あいーとは病院や施設向けに開発された商品ですが「自宅でも利用したい」という声が多く、
一般家庭向けに通信販売での提供も行なっています。

電話、FAX、オンラインショップ、ハガキにて注文可能。全国配送で自宅まで届けてくれます。

あいーとの特徴

  • 食材の形を保ったまま柔らかさを実現
  • 味や栄養にもこだわり
  • 種類豊富なメニューは全41品
  • 配送
  • 送料無料
  • 支払い方法

食材の形を保ったまま柔らかさを実現

やわらかい

かむ力や飲み込む力が低下した場合、ミキサー食やきざみ食に移行することが多いのですが、どうしても見た目や色が変わってしまい、食べる際に抵抗感を覚えることが少なくありません。

あいーとは独自の技術(酵素均浸法)などを使って、通常の食事と見た目や色が変わらないのに、舌でつぶせる程のやわらかさになっています。

ミキサー食を食べている場合は、食べる人の状態に合わせてスプーンでカットしたり、くずしたりするとより食べやすくなります。

やわらかくても見た目や味、栄養価も変わらず、自然な感覚で食事が取れるので、家族と一緒に食べる時も違和感がありません。

味や栄養にもこだわり

あいーとは見た目だけではなく、味も普通の食事と変わらない味付けになっています。

ゼラチンなどで固める再形成食やミキサー食などの介護食・嚥下食とは異なり、過度に水分を加える必要がない為、食材の本来の味が一つ一つ楽しめるのも良いですね。

またあいーとは1品1食分ごとの個別包装になっており、身体の状態や一日の摂取量に合わせて、自由に組み合わせられるので、無理のない量で必要な栄養を摂取できます。

種類豊富なメニューは全41品

メニュー

魚(14品)、肉(19品)、野菜(4品)、ご飯(4品)など、合計41品目のメニューが用意されています。和洋中とバリエーションは様々。

良くあるお弁当宅配のように、一つの容器に複数のお惣菜が入っている訳ではなく、スーパーやコンビニで良く見かけるような、1食品1包装タイプです。

賞味期限は約2ヶ月間以上。
何食分かストックを用意しておくと、必要な時に電子レンジで温めれば1品分楽できます。

配送

ヤマト運輸が配送を担当。
クール宅急便(冷凍)にて、注文受付から3~5日後に届きます。

配達時間帯は「午前中、12~14時、14~16時、16~18時、18~20時、20~21時」。
クロネコ便なので日時指定も可能。

送料

1回あたりの送料は、お届け地域によって異なります。

北海道......936 円
東北......627 円
関東・信越 ......730 円
北陸・中部・関西......833円
中国・四国 ......936 円
九州......1,039 円
沖縄......1,635 円

商品代金の合計金額が16,200円以上で送料が無料になります。

1品は約500?650円なので、施設利用など1回でかなりまとめ買いをしないと、送料無料にするのは厳しい所がありますね。

支払い方法

  • クレジットカード払い(手数料無料)
  • 代引き引換え(手数料324円)
  • 郵便振込み・コンビニ払い(手数料352円)

口コミ・評判

あいーとは利用すべき?

実際に利用した人の口コミや、他の介護食宅配と比較して思うあいーとを利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 見た目は普通食なのに、やわらかくて食べやすい
  • 他の宅配弁当や介護用の食事よりも「美味しい」
  • 手作りでは難しい「やわらかい肉」が手軽に食べられる
  • 普通の食事と同じ味付けで、薄味感がない

【デメリット】

  • 購入方法が通販に限定されている
  • 1食分の量が少ない割に値段が高い
  • 地域によって送料の値段が異なり、やや高め
  • 冷凍食品なので冷凍室が狭いと多くストックできない
  • 1食分が100kcal程度なので低エネルギーが心配
  • 栄養素の制限(エネルギーやタンパク質、塩分など)はなし※

※糖尿病や腎臓病、高血圧症などがある人が利用する際は、医師や栄養士など専門家の指示にしたがって下さい。

あいーとは手作りではやわらかく作りにくい料理が食べたい時、後1品欲しい時など、便利に活用できます。

値段がちょっとお高めですが格段に美味しいので、1回の食事に1~2品利用するくらいが使いやすいと思います。

関連記事をもっと読む