ソフティアシリーズ(ニュートリー)

ソフティアシリーズ(ニュートリー)

介護食、嚥下食など病態別食品の開発・製造・販売を行なうニュートリーでは、様々な種類をとろみ剤を取り扱っています。

今回は水やお茶、牛乳、濃厚流動食など、様々な食材にとろみを付けられるオールマイティータイプを紹介します。

どの飲み物にも同量で同じ粘度になる「ソフティア」、牛乳や酸味のある飲み物にも強い「ソフティア1SOL」、少ない量で強いとろみが付けられる「ソフティアSUPER S(スーパーエス)」があります。

各とろみ剤も牛乳や濃厚流動食、酸味があるジュースには溶けにくいので、ハンドミキサーなどを使うことをおすすめします。

またソフティアシリーズには他にもゼリー食用、おかゆ用、濃厚流動食用、液状経腸栄養食用もあり、食事の形態によって使い分けもできます。

ソフティアS(エス)

ソフティアS(エス)

飲み物の種類や温度を問わず、素早くとろみが付けられるとろみ調整食品です。

水やお茶、牛乳、みそ汁など、飲み物に関係なく同じ量で同じ粘度になるので、とろみ剤に慣れていない初心者の人でも扱いやすいと思います。

また「コップ一杯のお茶には、スプーン1杯以上は入れなくて良い」と目安が明確になる為、とろみ剤を無駄使いすることなく節約にも繋がります。

使い方

飲み物にソフティアS(1~2%)を加えて、かき混ぜながら溶かします。

飲み物の種類に関係なく同じ量で、付着性が低くベタつかないとろみが付きます。

動画では、お茶150ccとソフティアS3g(1袋)でとろみを付けています。

入れる量に応じたとろみ具合の違いは、動画を見てもらうと分かりやすいです。

商品ラインナップ

  • スティックタイプ:150g(3g×50包)
  • スタンドパック:500g

原材料

デキストリン、増粘多糖類、pH調整剤

成分

100gあたり
エネルギー292kcal
脂質0g
ナトリウム1,550mg
カリウム1,260mg
たんぱく質0.5g
糖質60.5g
食物繊維23.8g

ソフティア1SOL(ゾル)

ソフティア1SOL(ゾル)

ソフティア1SOL(ゾル)は、とろみ剤の渋みやえぐみの原因の一つ無機塩類が不添加で、食材の味や風味を損ないません。

ソフティアSとの違いは牛乳や酸味の強い飲み物に、素早くとろみが安定すること。

食材や飲み物を選ばず、スプーン1杯で同じ粘度になるので、とろみ剤に慣れていない人でも使いやすいです。

一度とろみを付けた飲み物の粘度は24時間以上安定するので、作り置きをして長時間置いておいても、とろみの強弱が変わる心配はありません。

使い方

飲み物にソフティア1SOL(1~2%)を加えて、かき混ぜながら溶かします。

【使用量の目安】

内容量専用さじ(2g)スティック(3g)
水・お茶(2%)100ml1杯2/3包
みそ汁(2%)100ml1杯2/3包
ミキサー食(1.5%)200ml1.5杯1包

商品ラインナップ

  • スティックタイプ:150g(3g×50包)
  • ボトルタイプ:200g
  • チャック付き袋:400g
  • バルクタイプ:4kg

原材料

デキストリン、増粘多糖類

成分

100gあたり
エネルギー259kcal
脂質0g
ナトリウム1,000mg
たんぱく質1.0g
糖質63.3g
食物繊維27.9g

ソフティアSUPER S(スーパーエス)

ソフティアSUPER S(スーパーエス)

ソフティアSUPER Sは、少ない量で適度なとろみが付けられるパワータイプのとろみ剤です。

ソフティアSやソフティア1SOLと比較して、同じ量で2倍の粘度になるので、毎食の飲み物や食事にとろみ付けが必要、またはとろみ付けが要る人が多い家庭で重宝します。

もちろん食材の味や風味を損なわず、粘着性が低くベタつかないとろみが付けられます。

使い方

とろみを付けたいものにソフティアSUPER Sを加えてかき混ぜます。

ソフティアSやソフティア1SOLとは異なり、とろみを付けたいものによって、使用量が異なります。

【使用量の目安】

薄いとろみ中間のとろみ濃いとろみ
水・お茶0.8%1.3%1.9%
牛乳・濃厚流動食・スポーツドリンク・オレンジジュース0.9%1.3%1.8%
みそ汁1.0%1.5%2.2%

商品ラインナップ

  • スティックタイプ:75g(1.5g×50包)
  • チャック付きスタンドパック:500g

原材料

デキストリン、増粘多糖類、塩化カリウム

成分

100gあたり
エネルギー259kcal
脂質0g
ナトリウム964mg
たんぱく質0.7g
糖質44.8g
食物繊維38.6g

口コミ・評判

ソフティアシリーズを実際に使用している人の口コミ・評判をまとめました。

商品の性質上、病院や福祉介護施設での利用が多いようですね。

関連記事をもっと読む