トロメイク(明治)

トロメイク(明治)

明治のトロメイクシリーズは、原材料にデンプンなどを一切使っていない第三世代のとろみ剤です。

入手がしやすく、多くの愛用者がいるのが「トロメイク」「トロメイクSP」。

少量でしっかりとろみが付く「トロメイクコンパクト」や、ダマになりにくく透明感あるとろみが付く「トロメイククリア」もあります。

トロメイクSPやトロメイクコンパクト、トロメイククリアは病院・施設向け商品なので、店頭での取扱いはありません。

Amazonなどのネット通販では購入可能な所がいくつか見付けられたので、気になる人は試しに使ってみても良いかもしれません。

おうちで簡単トロメイク

おうちで簡単トロメイク

食材や料理の持つ「味・色・香り・風味」を損なわず、とろみ付けができるトロメイク

元々病院や施設で利用されていた「トロメイクSP」の家庭用向けのとろみ剤として発売されました。

色々な食品の温度に関係なく素早く、ダマにならず、簡単になめらかなとろみを付けられるので「はじめてとろみ剤を使う」という家庭でも利用しやすいです。

介護用だけではなく、家庭料理にも利用している人も多く「低温でもとろみがつくので、冷製スープを作る時に重宝する」「麻婆豆腐やカレー、シチューの固さを整えるのに便利」などの口コミもあります。

透明感で無味無臭なので、料理の味に影響を与えず、初心者の人でも使いやすいのが魅力的ですね。入れる量を調整しながら混ぜていけば、入れ過ぎによる失敗も防げます。

片栗粉よりも気軽にとろみ付けができますが、ナトリウム含有量が多めなので、塩分摂取量に制限がある人はくれぐれも注意して下さい。

商品ラインナップ

  • アルミスティック・2.5g×10包 
  • アルミスティック・2.5g×50包 
  • ジッパー付きスタンディング・200g 
  • ジッパー付きスタンディング・500g

使い方

1.飲み物をスプーンでかき混ぜながら、トロメイクを素早く加えて、良く溶かします。
2.溶かして2~3分後にとろみが付きます。
3.とろみの状態や温度を確認して飲みます。

トロメイクの分量目安

原材料

デキストリン、増粘多糖類、pH調整剤

【デキストリン】
デンプンに処理を施して低分子化(溶けやすく)したもの。

【増粘多糖類】
高い粘性(粘り気)がある水溶性の多糖類。
ペクチンやガラギナン、グアーガム、キサンタンガムなどが原料。

【pH調整剤】
pHを弱酸性(6.0~6.5)に調整する為の添加物。
食品の変質や変色を防いで品質を安定させたり、他の添加物の効果をアップさせたりするのに用いられる。
クエン酸、クエン酸三ナトリウム、炭酸ナトリウム、リン酸などを組み合わせて使われる。

成分

1袋2.5gあたり100gあたり
エネルギー7.3kcal290kcal
たんぱく質0.01g0.5g
脂質0g0g
ナトリウム36mg1440mg
糖質1.5g59.6g
食物繊維0.9g24.9g

口コミ・評判

飲み込みが少し不自由になった母の食事に利用しています。

温かくても冷たくても、とろみを付けられるのは便利です。

ただし後からトロメイクを足すと、ダマになりやすいので、再度のとろみ調整は難しいですね。使い続けてみると、さじ加減も分かってきました。

時間が経つごとにとろみが強くなるので「少し足りないかな?」くらいの量で入れると良いです。

40代女性

飲み物にとろみを付ける目的で購入しました。

他のメーカーのとろみ剤と比較して、とろみがしっかり付き、綺麗に溶けてくれる所が気に入っています。

20代女性

ドロっとした感じではなく、さらりとしたとろみ加減ですね。
スプーンで「ぽとん!」と入れるとダマになりやすいので、少しずつパラパラっと振り入れて混ぜると、綺麗に溶けてくれます。

飲み物ではなく料理に使う場合は、1度で結構な量を入れるので、片栗粉などと比較するとコストパフォーマンスは悪いですね......。使い勝手は良いのですが。

介護食だけではなく、乳幼児の離乳食にも使えて、色々と利用方法がありそうです。
トロメイクシリーズは色々とありますが、まずはスーパーやドラッグストアでも購入できるトロメイクから試してみると良いと思います。

50代男性

介護食用だけでなく、普通の料理にも使っています。

味や風味が変わらず、ただ「混ぜるだけ」で、簡単にとろみを付けられるのは良いですね。

水っぽくなったカレーやシチュー、とろみの少ないお惣菜やレトルト食品などに使っています。カップスープやラーメンに入れると、スープが飲みやすく、冷めにくくなったように思います。

30代女性

冷たい飲み物に入れる場合は、一気に入れるとダマになりやすく、とろみが出るまでに時間がかかるように思います。少しづつ溶かし入れて混ぜることをおすすめします。

40代男性

粉末ですぐに溶けてくれますが、入れ過ぎると食感が悪くなるので、慣れない内は少量ずつ入れていくと、とろみが強く付き過ぎないと思います。

みそ汁に使ってみましたが、具と汁に一体感が出て、飲み込みやすくなったように感じます。

30代男性

温かくても冷たくても、とろみが付けられる優秀なとろみ付け食品です。

水に溶かす必要がなく、粉のまま入れていき、具合を見ながらとろみ調整ができるのは良いですね。少量で良い感じのとろみが付き、片栗粉でありがちな失敗も減りました。

味にクセがない為、どのような料理にも万能に使えます。

値段は片栗粉と比較して割高なので「メインは片栗粉だけど、補助に使う」「竜田揚げには片栗粉、麻婆豆腐にはトロメイク」など、使い分けをすれば結構もつように思います。

20代女性

トロメイクSP

トロメイクSP

トロメイクSPを利用するメリットは「食品の温度に関係なく、とろみ剤が素早く溶けて使いやすい」「とろみが長時間安定する」こと。

水やお茶であればたった1分で、とろみ付け+安定するので、使い勝手の良さも抜群に良いです。

もちろん、たんぱく質の多い牛乳や流動食、酸味が強いオレンジジュースなどでも、しっかりまとまり感あるとろみが付けられます。

調理後、冷凍保存もOK。解凍してもとろみはそのままなので、作り置きをする時にも活用できます。

使い方

トロメイクSPの分量目安

原材料

デキストリン、増粘多糖類、塩化カリウム

【デキストリン】
デンプンに処理を施して低分子化(溶けやすく)したもの。

【増粘多糖類】
高い粘性(粘り気)がある水溶性の多糖類。
ペクチンやガラギナン、グアーガム、キサンタンガムなどが原料。

【塩化カリウム】
食品になめらか感や粘り気を出すことで、安定感を向上させる「増粘安定剤」として利用?

食塩(塩化ナトリウム)の代わりに塩化カリウムを使うことで、ナトリウムの含有量を減らす作用もあります。一般的な食塩は血圧を上昇させますが、塩化カリウムは血圧を低下させます。

商品ラインナップ

  • アルミスティック・2.5g×400包 
  • ジッパー付きスタンディング・400g 
  • ジッパー付きスタンディング・800g
  • 袋・2kg

成分

1袋2.5gあたり
エネルギー6.0kcal
たんぱく質0.01~0.03g
脂質0g
ナトリウム31mg
カリウム33mg
糖質1.4g
食物繊維0.9g

他のとろみ剤と比較しても、カロリーは低いですね。

誤嚥対策だけではなく、苦い粉薬を子どもに飲ませる時にも重宝しています。

20代女性

病気の後遺症で嚥下障害になった家族に使う目的で購入しました。

水分や食事にとろみを付けることで、食べたり飲んだりする時にむせなくなりました。

溶けやすくて便利ですが、大増量の2kgだとジッパーが付いておらず、小分け容器や袋に入れた方が使い勝手が良いですね。

40代男性

介護食ではなく、フルーツジュースやダイエットシェイクにとろみを付ける目的で購入しました。

生パイナップルを使ったジュースでもとろみが付けられたので、加熱によって失われやすいビタミンや酵素を壊さずに摂取できるのは、本当に便利だなと思いました。

味はごくわずかに「塩味」を感じて、強くとろみを付け過ぎると味が少し変わります。

10代後半の女性

とろみ調整剤の中では、温度に関係なく溶けやすく、ダマにもなりにくい「トロメイクSP」が一番おすすめです。

色々なサイズが出ていますが、800gだと使い切る前に湿気ることがあるので、いつも400gを購入しています。

30代女性

ドロッではなく「つるんっ」としたとろみが付くのが気に入っています。

お茶や野菜ジュースに使う時は、シェーカーに入れて降って混ぜると簡単に良い感じになりますね。

30代男性

とろみ剤を使い始めていた時は「お茶、食べ物、固め」と用途別に使い分けていましたが、今はおかゆ以外はトロメイクSPを使っています。

色々な商品を買って使ってみましたが、使いやすさは非常に良いですね。

40代女性

トロメイククリア

トロメイククリア

トロメイククリアは、トロメイクやトロメイクSPと比較して、粘着性が低く、ベタつきが無い「スルッと滑らかなとろみ」が付けられるとろみ調整剤です。

使用量に対して粘度の増加が一定で、時間が経ってもとろみの状態が変わりません。

使い方

トロメイククリアの分量目安

商品ラインナップ

  • アルミスティック・2.5g×40包 
  • ジッパー付きスタンディング・400g 
  • 袋・2kg

原材料

デキストリン、増粘多糖類、塩化カリウム

成分

1袋2.5gあたり
エネルギー6.1kcal
たんぱく質0.05(0.01~0.08)g
脂質0g
ナトリウム31.3(12.5~50)mg
カリウム65mg
糖質1.5g
食塩換算量0.08(0.03~0.13)g
食物繊維0.7g

トロメイクコンパクト

トロメイクコンパクト

従来の使用量1/2で同程度のとろみが付けられる「トロメイクコンパクト」は、使用量が少なくなることで、省スペースで保管が可能+経済的です。

サッと溶けてダマになりにくく「味・色・香り」を損なわないので、飲み物や食品の美味しさをそのまま味わえます。

使い方

トロメイクコンパクトの分量目安

商品ラインナップ

  • ジッパー付きスタンディング・200g 
  • 袋・1kg
  • 袋・2kg

原材料

デキストリン、増粘多糖類、塩化カリウム、乳化剤

成分

100gあたり
エネルギー79(48?110)kcal
たんぱく質1.4(0.7~2.0)g
脂質0g
ナトリウム2350(1300~3400)mg
カリウム33mg
糖質16(9~23)g
食塩換算量5.97(3.30~8.64)g
食物繊維62g
関連記事をもっと読む