とろとろトロミー(ホリカフーズ)

とろとろトロミー(ホリカフーズ)

ホリカフーズの「とろとろトロミー」は、飲み物の温度や種類に関係なく、適度なとろみが付けられる、オールマイティータイプのとろみ剤です。

本品の最大の特徴なのが、腸内環境に働きかけるキシロオリゴ糖入りで、おなかの健康を考えられていること。

キシロオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌(善玉菌)を促進する効果があります。
継続的に取り入れることで、おなかの調子を整えて、より良い排泄をサポートしてくれます。

説明には「無味無臭で、風味を損なうことがありません」とありますが、人によってはキシロオリゴ糖の独特の甘みが気になるかもしれません。

とろとろトロミーの特徴

とろとろトロミー

使い方

水やお茶、ジュースなどをかき混ぜながら、とろとろトロミーを加えて良くかき混ぜます。

【使用量の目安】

  • ポタージュ状:約1.0g
  • とんかつソース状:約2.0g
  • ヨーグルト状:約3.0g

とろみの再調整も可能です。

とろみが強い場合は、同じ飲み物を加えて混ぜ合わせることで、弱められます。
とろみが弱い場合は、強めにとろみを付けた同じ飲み物を混ぜ合わせると、ちょうど良い具合になります。

既にとろみが付いたものに本品を入れるとダマの原因になるので、必ず溶かしたものを使って下さい。

安定性があり、時間が経っても、とろみが弱くなったり強くなったりしないので、作り置きにも向いています。

商品ラインナップ

  • チャック付き袋・500g

商品ラインナップは1種類だけ。
他のとろみ剤のように、使い切りの小分けサイズや大容量サイズはありません。

その為「外出先での飲み物にとろみを付けたい」「大容量サイズを購入して、節約したい」という使い方は不向きです。

原材料

デンプンが含まれていない第三世代のとろみ剤です。

デキストリン、キシロオリゴ糖、増粘多糖類、塩化カリウム

【デキストリン】
デンプンに処理を施して低分子化(溶けやすく)したもの。

【キシロオリゴ糖】
オリゴ糖の一つ。
腸内細菌(善玉菌)のビフィズス菌を増やす活性が最も良く、他のオリゴ糖だと1日に2~3g必要なのに対して、キシロオリゴ糖は1日に0.7gでOK。

【増粘多糖類】
高い粘り気がある水溶性の多糖類。
ペクチンやガラギナン、グアーガム、キサンタンガムなど。

【塩化カリウム】
食品に滑らか感や粘り気を出す「増粘安定剤」。

成分

100gあたり
エネルギー370kcal
水分4.4g
たんぱく質0.9g
脂質0.8g
炭水化物89.8g
灰分4.1g
ナトリウム940mg
カルシウム13mg
0.6mg
食物繊維27.0g

キシロオリゴ糖:2.0g

とろとろトロミーは利用すべき?

非常食、保存食、介護食、たんぱく質調整食品の製造・販売を行なうホリカフーズ。

とろとろトロミーは、ホリカフーズで取扱いのある唯一のとろみ剤です。
ただし知名度の問題や取扱い店舗が少ないからか?口コミや評判を見ても、他のとろみ剤と比較して利用者は少ないように感じました。

他にはない「キシロオリゴ糖入り」をメリットと感じるかどうかで、利用の有無が分かれると思います。

関連記事をもっと読む